肉離れの症状と治療方法ガイド

肉離れの症状と治療方法について解説しているサイトです。



筋断裂

肉離れについて

筋断裂は筋肉が完全に断裂した状態のことです。
肉離れは筋肉が部分的に断裂した状態なので、筋断裂と肉離れの症状は似ていると言えます。
どちらも筋肉にダメージを追ってしまった状態でが、筋断裂の方が症状は深刻です。

筋断裂では内出血が起きる場合が多く、患部を触ると陥没しているのがわかります。
このような状態になると動かすと激しく痛むので、太ももなどが筋断裂すると歩けません。
筋断裂も筋肉に急に強い力がかかり、筋力で耐えきれなくなった場合に断裂します。

治療を行う場合は保存療法が一般的です。
痛めた場所を冷やして腫れてくる場合もあるので腫れを抑えます。
その後テーピングや包帯で固定して筋肉がこれ以上断裂しないようにします。
また固定したときに血液の流れが悪くならないように気をつけましょう。
3週間から1ヶ月ほどすれば動かしても痛みがなくなるので、軽い運動でリハビリを行っていきます。
筋断裂を起こしてから6週間ほどは全力での運動やジャンプなどの激しい運動は避けましょう。

痛みが激しい場合は病院に行って診察を受けましょう。
筋断裂の治療はほとんど手術は必要としませんが症状の重さによっては必要なときもあります。
またさほど酷くない場合でも定期的に診察を受けて医師の判断のもとで完治したか決めた方が良いでしょう。
自己判断で完治したか決めて運動すると再発する場合もあるので注意が必要です。



ページ上部に