肉離れの症状と治療方法ガイド

肉離れの症状と治療方法について解説しているサイトです。


筋断裂

肉離れについて

筋断裂は筋肉が完全に断裂した状態のことです。
肉離れは筋肉が部分的に断裂した状態なので、筋断裂と肉離れの症状は似ていると言えます。
どちらも筋肉にダメージを追ってしまった状態でが、筋断裂の方が症状は深刻です。

筋断裂では内出血が起きる場合が多く、患部を触ると陥没しているのがわかります。
このような状態になると動かすと激しく痛むので、太ももなどが筋断裂すると歩けません。
筋断裂も筋肉に急に強い力がかかり、筋力で耐えきれなくなった場合に断裂します。


続きを読む »


肉離れの治療方法

肉離れの治療

肉離れになったときはまずは病院で診察を受けて治療の指針を決めましょう。
ここで肉離れがどれぐらい酷いか、全治までどれぐらい掛かるか判明します。

初期の段階では安静にして固定し冷やすということを行います。
安静にして動かさないようにした後、患部を冷やします。
さらに患部を圧迫して固定します。包帯などで巻いて固定することになります。
肉離れでは内出血していることがあるので固定して圧迫することにより、
内出血の場所への過度の血液供給を防ぎます。
冷やす場合は氷嚢などを使用しますが、表面が濡れるのでタオルなどで氷嚢を巻いて使用すると良いでしょう。
肉離れ発生後数日は炎症が起きているのでこれを抑えることをします。


続きを読む »


リハビリ

肉離れの治療

肉離れになった場合は程度によりますが、しばらくその部分は動かすことが出来ず、
運動できない状態になります。そのため回復してからはリハビリを行うことになります。
リハビリはある程度症状が治まって痛みが無くなってから行います。

リハビリの目的は筋肉を通常の生活できる範囲まで回復させることです。
決してリハビリで筋肉を増強しようとしてはいけません。
肉離れになり動かさなくなった部分の筋肉は徐々にやせていきます。
このため回復後はリハビリで筋肉を元の状態まで戻す作業をします。


続きを読む »


1 2 3 4

ページ上部に